アフガン自爆テロでバイデン氏「報いを受けさせる」(2021年8月27日)

 カブール国際空港近くでアメリカ兵12人が死亡した自爆テロに関連して、バイデン大統領は我々はテロリストを追い詰め、報いを受けさせると述べ、報復する決意を明らかにしました。

 また、アメリカ人の国外退避活動は中断せず、続ける考えを示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp