“4本足”の新種クジラ化石 エジプト内陸で発見(2021年8月27日)

 エジプトの研究チームが足が4本ある新種のクジラの化石を発見したと発表しました。クジラが海へと戻る途中の種だと考えられ、貴重な発見になるとしています。

 研究チームが25日に発表した内容によりますと、この化石は4300万年前のもので、絶滅した原始的クジラ類の一種です。

 足が4本あり、体長は3メートルほど、体重は600キロと推定され、水陸の両方で生活していたと考えられています。

 発見されたのはエジプトの内陸にあるファイユーム県で、約4600万年前はこの辺りまで海が入り込んでいたと考えられています。

 クジラの進化を巡っては、哺乳類でありながら陸から海へと戻った経緯が詳しくは分かっておらず、今回の発見がその謎を解明する鍵になると期待が高まっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp