英で大規模抗体検査始まる ワクチン有効性も評価へ(2021年8月24日)

 イギリス政府は24日から大規模な新型コロナウイルスの抗体検査を初めて実施します。変異型ウイルスへのワクチンの有効性の分析にも活用されます。

 イギリス政府によりますと、抗体検査の対象はPCR検査で陽性判定を受けた人で一日最大8000人に対し検査キットが渡されます。

 指先から血液を採取する方法で陽性判定直後と28日後の2回に分けて検体を提出します。

 検査結果から一度、新型コロナに感染して抗体がつくられたにもかかわらず、再び感染する人がどのくらいいるのかなどを割り出します。

 この検査により変異型ウイルスの出現が相次ぐなか異なる型に対するワクチンの有効性についてもさらなる知見を得られるとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp