4月~6月GDP 年率換算+1.3% 2期ぶりプラス(2021年8月16日)

 内閣府が16日に発表した今年4月から6月までのGDP(国内総生産)の成長率は実質でプラス0.3%、年率換算でプラス1.3%と2四半期ぶりのプラス成長となりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大による3度目の緊急事態宣言の影響などで個人消費は弱いままですが、企業の設備投資が増え全体ではプラス成長となりました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp