広島市に大雨特別警報 この先も大雨続く恐れ(2021年8月13日)

 気象庁は広島市に「大雨特別警報」を発表しました。これまでに経験したことのないような大雨となっていて最大級の警戒が必要です。

 活発な前線の影響で西日本を中心に激しい雨が降っています。

 広島県内では線状降水帯が発生するなどこれまでに経験したことがないような大雨となり、気象庁は13日午前9時前、広島市に大雨特別警報を発表しました。

 西日本や東日本ではさらに大雨が続く見込みで14日朝にかけて九州北部で300ミリ、九州南部などで250ミリ、中国地方などで200ミリの雨が予想されています。

 命を守る行動を優先し土砂災害や河川の氾濫など厳重な警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp