競技に挑戦!つぶらな瞳の金メダリストワンちゃん(2021年8月12日)

 オリンピック真っ盛りの8月はじめ、つぶらな瞳のわんちゃんがある競技に挑んでいました。

 愛知県豊田市のわんちゃんのなな。雌のポメラニアンで七夕生まれの10歳です。

 ななにはしつけが行き届いているようです。

 今月はじめ、そんなななの家でもオリンピックが開催されました。

 種目は「陸上女子障害決勝」。バーを2本倒してしまいましたが、無事ゴール。

 実はなな、生後5カ月の時にけがで左の前足を失ってしまいました。

 飼い主さんは、ハンデを負ったななに並々ならぬ愛情を注いできました。

 表彰台の真ん中で澄ました顔のなな。

 この金メダルは本物のオリンピックに負けないくらい特別なものなのです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp