侍ジャパンが悲願の金メダル 五輪決勝で米破る(2021年8月7日)

 東京オリンピック、野球の決勝で日本がアメリカを2対0で破り、悲願の金メダルを獲得しました。

 日本は3回裏、村上選手が先制のソロホームランを放ち1対0とリードします。

 投げては先発の森下投手が5回を3安打無失点と好投。

 その後も小刻みな継投でアメリカ打線をおさえ込みます。

 8回裏に1点を追加し、最終回のアメリカの攻撃を栗林投手が封じて2対0で勝利。

 悲願の金メダル獲得となりました。

 野球は2008年の北京大会以来13年ぶりに東京で復活。

 日本の金メダルは公開競技だったロサンゼルス大会以来、37年ぶりで正式競技としては初めてとなります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp