厚労省 中等症でも「医師の判断で入院」説明加える(2021年8月5日)

 厚生労働省は新型コロナウイルスの入院や療養に対する新たな方針について、中等症であっても医師の判断で入院ができるなどと説明を加えました。

 厚労省が2日に示した入院や療養に対する新たな方針を巡っては、与党からも撤回を求める声が上がっていました。

 こうしたことを受け、厚労省は自治体向けに出していた事務連絡に入院については「重症者や酸素投与が必要な中等症患者、投与が必要でなくても重症化リスクがある患者」と示し、最終的には医師が判断する旨も書き加えました。

 これまでの事務連絡では中等症患者の扱いについては触れられていませんでした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp