オマーン沖のタンカー攻撃 イラン否定「根拠ない」(2021年8月1日)

 中東のオマーン沖でイスラエル系企業が運航するタンカーが攻撃された事件を巡り、関与を指摘されたイランが「根拠がない」とこれを否定しました。

 イラン外務省の報道官は1日、タンカーの攻撃には関与していないと否定したうえで「イスラエルが事実から注意をそらすためのもので根拠がない」と述べました。

 先月29日にオマーン沖を航行していたタンカーが攻撃されて船員2人が死亡した事件では、イスラエルがイランによる犯行と非難していました。

 イスラエルのベネット首相は1日に開かれた閣議で「イランが攻撃を行ったと断言する」と述べたうえで、それを裏付ける情報があることを明らかにしました。

 そのうえで「我々にはイランにメッセージを伝える独自の方法がある」と述べ、何らかの報復を行うことを示唆しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp