台風8号、最新情報 平年1カ月分の雨が降る恐れも(2021年7月27日)

 台風8号は、27日午後3時現在、関東の東の海上にあり、北北西に進んでいます。台風はこの後、28日明け方から朝にかけて東北の太平洋側に上陸する見込みです。

 東北では、28日にかけて暴風や高波に警戒して下さい。

 また、東北を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。

 28日昼までに降る雨の量は、いずれも多い所で東北で180ミリ、北陸で100ミリ、関東甲信で80ミリです。

 東北の太平洋側は平年の7月、1カ月分の雨が一日で降る恐れがあります。

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp