おにぎりの包みが薄い仕様に 年間70トンのプラ削減(2021年7月27日)

 おにぎりを包むパッケージを薄くしました。

 コンビニ大手「ファミリーマート」は和風ツナマヨネーズや焼しゃけなど10種類のおにぎりのパッケージを変更しました。

 従来より薄くすることで1つあたり約13%、年間約70トンのプラスチック削減につなげると説明しています。

 セブン-イレブンもおにぎりを包むフィルムを変更するなど、来年4月からプラスチックの削減が義務付けられるのを前に、コンビニ業界ではプラスチック削減の動きが広がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp