「中国を仮想敵国に・・・」政府高官会談で米国を批判(2021年7月26日)

 米中の対立が激しさを増すなか、両国の政府高官が中国で会談しました。中国側はアメリカが中国を「仮想敵国」にしていると批判しました。

 中国・天津で始まった米中会談で中国の謝鋒外務次官は、米中関係は行き詰まっているとして「原因はアメリカの一部の人たちが中国を『仮想敵国』と捉えているからだ」と主張しました。

 さらに、アメリカに「危険な対中政策を変えてほしい」と要求しました。

 これに対するアメリカのシャーマン国務副長官の発言は、まだ明らかになっていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp