宇都宮市 宮内庁職員が酒気帯び運転の疑いで逮捕(2021年7月26日)

 宇都宮市で49歳の宮内庁職員の男が飲酒運転をしたとして逮捕されました。

 栃木県高根沢町に住む宮内庁職員・篠原一雄容疑者(49)は宇都宮市の国道で酒気帯び運転をした疑いが持たれています。

 警察によりますと、25日午前7時前、通行人の男性から国道上に車が止まっていると通報がありました。

 車の中には篠原容疑者が寝ていて、警察官が職務質問したところ酒の臭いがしたということです。

 篠原容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されました。

 取り調べに対して「記憶がない」と容疑を否認しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp