大会組織委員会 小山田圭吾氏の楽曲を使用せず(2021年7月20日)

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は開会式の楽曲担当・小山田圭吾さん(52)の辞任と作曲した楽曲を使用しないことを明らかにしました。

 小山田さんは過去の雑誌のインタビューで同級生や障害者へのいじめを告白していたことが問題となっていました。

 組織委員会は一度続投を決めましたが、19日に小山田さんから辞任の申し出があり、受け入れたということです。

 小山田さんは開会式などで音楽を担当する4人の作曲家のうちの1人でした。

 オリンピックの開会式の冒頭で映像とともに流れる4分間程度の曲とパラリンピックの開会式の曲を担当していましたが、これらを使用しないということです。

 武藤事務総長は「不快な思いさせたこと、混乱を招いたことを心からおわび申し上げる」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp