今年初の猛暑日の東京“熱中症”で32人搬送 1人重症(2021年7月19日)

 19日、東京都内で熱中症の疑いで32人が搬送されたことが分かりました。うち80代の男性が重症となっています。

 東京消防庁などによりますと、都内で午後1時までに13歳から92歳の男女合わせて32人が熱中症の疑いで搬送されました。うち80代男性が重症だということです。

 18日午後1時時点の搬送者数は16人でした。

 19日は北海道から九州にかけて夏の太平洋高気圧に覆われ、各地で猛暑日が続出。猛暑日地点は今年、最多となる117に上ります。

 札幌では2000年以来、実に21年ぶりの猛暑日です。

 今年初めて「熱中症警戒アラート」が発表された東京では、八王子などで今年初の猛暑日となっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp