東京の新規感染者1308人“来月中旬に2400人超えも”(2021年7月16日)

 新型コロナウイルスの感染が急拡大している東京では15日、新たに1308人の感染者が確認されました。専門家は来月中旬には2400人を超える可能性も指摘しています。

 15日、新たに感染が確認されたのは1308人で、2日連続で1000人を超えました。

 一日あたりの感染者が1300人を超えるのは1月21日以来、ほぼ半年ぶりです。

 直近7日間の一日あたりの平均は882人で、前の週と比べて132.9%となりました。

 15日に開かれた都の専門家会議では、若年層や中年層の入院患者が増えていることが指摘されました。

 さらに、インドで確認されたデルタ株への急速な置き換わりが進んでいるとして、このまま感染拡大が続けばオリンピック閉幕後の来月11日には一日あたりの感染者が2400人を超えると危機感を示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp