熱海土石流 新たに1人死亡確認 死者12人に(2021年7月16日)

 静岡県熱海市で土石流が発生して14日目です。熱海市は15日夜に1人の死亡確認を発表し、土石流による死者は12人となりました。

 熱海市は午後7時ごろ、新たに1人の死亡が確認されたと発表しました。

 性別や身元は分かっておらず、これで土石流による死者は12人となりました。

 いまだ16人の行方が分かっていません。

 捜索は16日も午前6時から行われます。

 土石流で128世帯131軒が被害を受け、今も519人が熱海市内のホテルで避難生活を送っています。

 熱海市は20日以降、現在とは別の2つのホテルを借り切って避難者を受け入れる方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp