米のワクチン接種がペースダウン 大規模会場閉鎖も(2021年5月2日)

新型コロナウイルスのワクチン接種を1億人以上が終えたアメリカではワクチンの需要が低下し、カリフォルニア州などで接種会場の一部が閉鎖される動きも出ています。

 全米の一日あたりのワクチン接種回数は、先月初めは400万回を超えていましたが、この1週間は平均260万回にペースダウンしています。

 カリフォルニア州では全米最多の1260万人以上がワクチン接種を終えていて、このところ予約件数が減っています。

 このため、ドジャースタジアムなど大規模な接種会場が今月末で閉鎖されることになりました。

 アメリカメディアは、会場閉鎖の動きは今後、全米に広がるとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp