大阪で1230人の感染確認 過去2番目の多さ(2021年4月28日)

大阪府では27日、過去2番目の多さとなる1230人の感染が確認されました。

 大阪府では27日、60代から90代の男女14人が死亡しました。

 重症者の数も376人と過去最多となっています。

 重症病床の使用率は136%を超えていて、ゴールデンウィーク中が病床逼迫(ひっぱく)の最大のヤマ場になるとみています。

 府は病床数を確保するため29日から来月5日までの間に入院患者を受け入れた医療機関に対し、患者1人につき協力金20万円を支給すると決めました。

 また、連休中も平日と同じ程度の医療体制を維持するよう各医療機関に要請するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp