外交青書に中国反発 「脅威論あおり立てた」(2021年4月28日)

日本政府がまとめた今年の外交青書について、中国政府は「わざわざ中国脅威論をあおり立てた」と非難しました。

 2021年版の外交青書では尖閣諸島周辺での中国海警局の活動を「国際法違反」と初めて指摘しました。

 新疆ウイグル自治区や香港の人権状況についても「深刻な懸念」を表明しています。

 これに対し、中国外務省は「尖閣諸島は固有の領土だ」「いかなる外国勢力の干渉も容認しない」などと反発しました。

 さらに「わざわざ中国脅威論をあおり立て、中国に汚名を着せた」と非難しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp