米国から密輸の大麻所持か 慶応大学の学生ら5人逮捕(2021年4月27日)

アメリカから密輸した「大麻リキッド」を所持していたなどとして、慶応大学の学生ら5人が逮捕されていたことが分かりました。

 捜査関係者によりますと、慶応大学の男子学生(19)と慶応義塾ニューヨーク学院の男子生徒(18)ら少年5人は今年2月、自宅などで大麻リキッドを所持していた疑いなどで警視庁に逮捕されました。

 去年の年末ごろに国内に住む別の高校生(18)宛てにアメリカから届いた荷物に大麻リキッドが隠されているのを東京税関の職員が見つけ、関係先を捜索したところ男子学生らの関与が分かったということです。

 ニューヨーク学院の男子生徒2人はコロナの影響でオンライン授業になっていたため一時帰国していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp