菅政権初の国政選挙 3選挙いずれも野党候補が勝利(2021年4月26日)

菅政権の発足後、初めての国政選挙となる広島、長野、北海道の3つの選挙でいずれも野党候補が勝利し、与党は“全敗”という結果になりました。

 公職選挙法違反で有罪となった河井案里氏の当選無効に伴う参議院・広島選挙区の再選挙は野党統一候補でフリーアナウンサーの宮口治子さんが当選しました。

 一方、与党は元経産官僚の西田英範氏を擁立し、保守王国といわれる地盤で議席の死守を目指しましたが、河井夫妻の事件が影響して苦杯をなめました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp