JR福知山線脱線事故から16年 遺族ら祈り捧げる(2021年4月25日)

JR福知山線脱線事故から25日で16年です。事故現場では遺族らが祈りを捧げました。

 2005年4月25日、兵庫県尼崎市でJR福知山線の快速電車がカーブを曲がり切れずに脱線し、乗客106人が死亡、562人が負傷しました。

 追悼慰霊式は今月25日から兵庫県が「緊急事態宣言」期間に入ったため、去年に続いて中止されました。

 遺族は自宅や事故現場で祈りを捧げました。

 JR西日本では社員の半数以上が事故以降に入社していて、事故の記憶や反省をどう伝えていくかが課題になっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp