気候変動サミット 菅総理 温室効果ガス46%減表明(2021年4月23日)

世界40の国と地域が参加する「気候変動サミット」が22日夜に始まり、菅総理大臣は2030年度の温室効果ガス削減目標について、46%減を目指す方針を表明しました。

 菅総理大臣:「46%の削減はこれまでの目標を7割以上引き上げるもので、決して容易なものではない」

 2030年度の温室効果ガス削減目標を巡り、政府はこれまでピーク時の2013年度と比べて26%減らすことを目標としてきましたが、菅総理は46%減に引き上げる方針を表明しました。

 菅総理はさらに「50%の高みに向け挑戦を続けていく」と述べました。

 そのうえで「世界の脱炭素化は国際社会が一致団結して取り組まなければならない課題だ」と述べ、国際協力の必要性を訴えました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp