NYが観光客呼び込みへ・・・世界の最新コロナ事情(2021年4月22日)

ワクチン接種が進むアメリカ・ニューヨークで6月から大々的に観光客らを呼び込む取り組みが発表です。

 日本の数カ月後の姿となるのでしょうか。

 ワクチン接種が進むアメリカ。ニューヨークで約32億円を投じた復興キャンペーンが始まります。外国からの観光客などを呼び戻し、打撃を受けたホテルや演劇業界などを支援するというものです。

 広告やイベントなどを通じて6月から大々的に観光客を呼び込むといいます。そして、そんなアメリカでは・・・。

 国際宇宙ステーションの船長に就任する予定の星出彰彦宇宙飛行士が新型コロナウイルスを含めた感染症対策として隔離生活を送っています。

 今、中国で大人気になっているのが「ワクチン服」です。肩の部分が露出しているので、確かに注射を打つ際に服をめくらなくても済みますよね。

 中国メディアによりますと、ワクチン接種が始まって以降、肩を出した服の売り上げが倍増しているといいます。

 インドの病院では医療用の酸素が漏れる事故が・・・。酸素吸入ができずに新型コロナウイルスの患者ら22人が死亡しました。

 世界では、こんな国も・・・。対象の人口の81%が2回の接種を終えているイスラエルは余る見込みとなったワクチンを他の国へ譲ることを検討しています。

 当局者は地元メディアに対して「ワクチンをごみ箱に捨てるようなことはしたくない」と話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp