二階氏 五輪中止は「無理だと誰もが判断する状況」(2021年4月20日)

自民党の二階幹事長は東京オリンピック・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの感染状況を見て誰もができないと判断される場合は当然、中止となるとの認識を示しました。

 自民党・二階幹事長:「とてもこれでは無理だと、誰もがそうご判断されるような状況になった時のことを言っている。やめることに重点を置いて言ってるわけではないんです。そういう時がくればスパッとやめると。それは当然のことですね」

 一方で、二階氏は「大成功に終わるために党としてできるだけの対応を積極的に講じる」とも述べました。

 自民党の関係者によりますと、開催できるかどうかの判断は5月下旬に感染状況を見たうえで、IOC(国際オリンピック委員会)や日本政府、東京都などと行うとみられます。

 自民党内にはその時期に東京都に緊急事態宣言が発出されていると開催は危うくなるとの見方が出ています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp