「選択的週休3日制」の導入 民間議員から提言(2021年4月14日)

政府の経済財政諮問会議が開かれ、民間議員から「選択的週休3日制」を導入して働きながら学べる環境を整備すべきだという提言が出されました。

 13日の会議で民間議員からは休日を活用して仕事と育児や介護に加え、新たな能力を身に付けることで人材の質を高め、経済成長につなげるため「働きながら学べる環境を整備すべきだ」として選択的週休3日制の導入が提言されました。

 また、マイナンバーカードと健康保険証や運転免許証との一体化を早期に実現すべきだとして、健康保険組合ごとによる保険証の交付を廃止するよう求めました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp