「まん延防止」開始 東京、沖縄で外出自粛呼びかけ(2021年4月13日)

東京では12日からまん延防止等重点措置が適用されています。都内最大の繁華街、新宿では都の職員らが外出を控えるよう呼び掛けました。

 飲食店などへの時短要請が始まった午後8時ごろ、新宿駅周辺では若者を中心に多くの人出が見られました。

 都の職員など約30人が約1時間にわたって街ゆく人々に外出の自粛を呼び掛けました。

 東京の12日の新規感染者は306人でした。

 また、沖縄県でも「まん延防止措置」の適用が始まり、玉城知事が感染防止対策などを呼び掛けるため、那覇市の飲食店を視察しました。

 沖縄県・玉城知事:「安全安心の島、沖縄はやはりお店も利用される方も安心して来られるように、感染症対策をしっかり継続していく」

 県では一日で400から1000店舗の飲食店を回り、今後、県内の約1万2000店舗を巡回するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp