西から雨雲接近 洗濯はおあずけです(2021年4月3日)

東京の千鳥ケ淵。1週間前は桜が満開で淡いピンク色に包まれていましたが、3日はかなり緑が目立つようになってきました。

 4日は二十四節気の清明。新緑が芽吹き、植物に力がみなぎるころですが、4日は植物にとって、ちょうど良い恵みの雨が降りそうです。4日からの雨、降り方は「シトシト」。そして風も「強くありません」。ただ、1つポイントなのが時間で、24時間以上、雨が降りそうなんです。

 雨の予想を見ると4日の朝は、まだ雨雲かかっていませんが、午前中、西から雨雲が広がって、昼過ぎには、関東全域に広がりそうです。午後、このように雨雲に隙間ができる時間もあるんですが次から次へと雨雲が流れ込み、夜はやや雨脚が強まる所もありそうです。

 雨の時間をマークでまとめてみましょう。雨が降り出すのは関東北部では4日の朝9時以降。南部では昼頃からですが、今回の特徴「なが~い雨」ということで、水戸から関東南部では4日の昼から5日の夕方まで24時間以上傘の出番です。傘がいらなくなるのは5日のお帰りの時間帯になりそうです。

 では、週間予報です。4日は最高気温20度前後と暖かい雨です。ただ5日以降、寒気が流れ込みます。しだいに冷たい雨となり気温も下がりそうです。来週は、北部中心に5度前後まで下がる日が多く、久しぶりに朝晩、暖房が活躍するでしょう。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp