普通郵便 10月以降 土曜日の配達とりやめへ(2021年4月1日)

10月から土曜日の普通郵便の配達がなくなります。

 日曜日を除いて毎日配達されている手紙やはがきといった普通郵便について、日本郵便は今年10月以降、土曜日の配達を取りやめると発表しました。

 また、届くまでの日数も今は基本的に差し出した翌日か翌々日には着いていますが、さらに1日程度かかるようになります。

 普通郵便のサービスの見直しは郵便にスピードを求める客が減っていることや働き方改革の一環だとしています。

 ゆうパックや速達などはこれまでと同じように土曜、日曜も配達するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp