韓国 ソウル含むほぼ全土に「黄砂警報」(2021年3月29日)

韓国ではソウルを含む、ほぼ全土を対象に黄砂警報が発表されました。

 韓国気象庁は29日朝、ソウルを含む全国19カ所に黄砂警報を発表しました。

 この警報は粒子状物質の濃度が1立方メートルあたり800マイクログラム以上になるとみられる場合に出され、南部・大邱(テグ)では一時1300マイクログラムを超えました。

 韓国政府は関係自治体に対して学校での屋外授業を中止するなど、事前に定められた手順に従って対応するよう要請しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp