福岡 5歳児餓死事件 母親と知人の女を起訴(2021年3月24日)

福岡県篠栗町で去年4月、当時5歳の男の子が餓死した事件で福岡地検は母親と知人の女を保護責任者遺棄致死の罪で起訴しました。

 起訴状によりますと、碇利恵被告(39)と知人の赤堀恵美子被告(48)は、共謀のうえ、食事の量や回数を減らし、碇翔士郎ちゃんを重度の低栄養状態に陥らせ、去年4月に餓死させたとされています。

 福岡地検は赤堀被告が碇被告の家族の生活全般を支配していたとして、共犯に問えると判断しました。

 警察の調べに対し、碇被告は関与を認める一方、赤堀被告は一貫して否認しているということです。

 この事件は、裁判員裁判で審理される見込みです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp