新型コロナで難聴など症状か 英大学が研究結果発表(2021年3月23日)

新型コロナウイルスの感染後、難聴や耳鳴りなどの症状が複数報告されていたことがイギリスの大学の研究で分かりました。

 マンチェスター大学の研究チームがこれまでに発表された新型コロナに関する24の論文から聴覚に関する症状を分析したところ、7.6%の患者が難聴の症状を起こしていました。

 さらに、14.8%の患者が耳鳴りの症状を、7.2%の患者がめまいの症状を起こしたということです。

 はしかやおたふく風邪ではウイルスが内耳という耳の器官に感染することで難聴を引き起こすとされています。

 研究チームは「新型コロナが原因なのか関連性は分からない」と説明し、さらに調査が必要だとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp