イベント人数1万人に緩和 “宣言解除”の1都3県(2021年3月22日)

1都3県の大規模イベントについて、政府は緊急事態宣言が解除された22日からは収容人数の上限を5000人から1万人に引き上げる方針を決めました。

 新型コロナウイルスの感染防止策として、これまで1都3県でのイベントの人数制限は5000人までとしていました。

 政府関係者によりますと、宣言の解除に伴って収容人数の50%以内であれば上限を1万人まで引き上げます。

 先月28日に先行して解除された大阪など6府県ではすでに同様の対応が取られていて、6府県では来月11日まで、1都3県は来月18日まで「経過措置」として実施する方針です。

 経過措置の後は規模にかからわず、収容人数の50%以内まで緩和する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp