バイデン氏“殺人者”発言でロシアの駐米大使が帰国(2021年3月22日)

アメリカのバイデン大統領がロシアのプーチン大統領は「殺人者」という認識を示したことを受け、呼び戻されたロシアの駐米大使がモスクワに到着しました。

 ロシア、アントノフ駐米大使:「(Q.米ロ関係の正常化に日本はどう貢献できますか?)どの国も貢献できます。意思さえあれば」

 アントノフ大使はバイデン大統領がアメリカメディアに対し、プーチン大統領は殺人者という認識を示したことを受け、抗議の意味でロシアに呼び戻されました。

 アントノフ大使は米ロ関係修復に向け、日本を含めた国際社会の協力に期待感を示しました。

 プーチン大統領はバイデン大統領とのオンラインの公開討論を提案していますが、実現のめどは立っていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp