地震で一部見合わせの東北新幹線 全線で運転再開(2021年2月24日)

福島と宮城で最大震度6強を観測した地震によって一部区間での運転見合わせが続いていた東北新幹線は24日、始発から全線で運転を再開します。

 東北新幹線は13日の地震で、架線を支える電柱が折れるなどの被害を受けたため、これまで栃木県の那須塩原から仙台の間で運転を見合わせていました。

 JR東日本は復旧の見通しが立ったことから、24日午前6時すぎの始発から全線で運転を再開します。

 ただ1カ月程度は一部区間で速度を落として運転するため、東京から仙台や盛岡の間は通常より1時間ほど時間がかかるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp