中国で服役の40代男性が近く帰国へ 伊藤忠社員か(2021年2月22日)

中国で服役していた日本人男性が出所し、近く帰国します。

 出所したのは、2018年2月に広東省広州市で中国当局に拘束された大手商社「伊藤忠商事」の40代の男性社員とみられます。

 男性は2019年10月に「国家の安全に危害を加えた罪」で懲役3年の実刑判決を受けて服役していました。

 具体的にどのような行為が有罪と認定されたかは明らかにされていません。

 日本の外務省によりますと、男性は今月20日に刑期を満了して出所し、近く帰国する方向で準備を進めているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp