DV相談件数“最多”13万件超え コロナ自粛の影響か(2021年1月12日)

2020年度のDV(ドメスティック・バイオレンス)の相談が早くも過去最多の件数に達していることが分かりました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響とみられています。

 内閣府の調査によりますと、2020年4月から11月までに全国の自治体が行う「配偶者暴力相談支援センター」と去年、内閣府が開設した「DV相談プラス」に寄せられた相談件数は合わせて13万2355件と過去最多になりました。

 前年の同時期に比べて約1.4倍から1.6倍の水準で推移しているということです。

 内閣府の担当者は「新型コロナの影響で外出自粛になり、加害者と同じ空間で時間を過ごすことが増えたのが原因と推測される」と指摘しました。

 橋本男女共同参画担当大臣は「新型コロナの拡大で緊急事態宣言も発令されたことから、引き続き状況を注視するとともに対応強化が必要」と述べました。

 今後はDV被害者の相談や支援につながるように相談窓口の周知徹底をしていくということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp