北陸道で自衛隊が救出活動 依然424台が立ち往生(2021年1月10日)

大雪の影響で福井県の北陸自動車道では依然として多数の車が立ち往生していて、自衛隊が救出活動を続けています。

 福井県によりますと、北陸自動車道では一時1500台が立ち往生しましたが、県の派遣要請を受けた自衛隊が救出活動を行った結果、立ち往生は10日午後4時現在で424台となっています。

 福井県内の通行止めは9日午前から続いていて、30時間経った今も解消されていません。

 この大雪で福井市の77歳の女性と82歳の男性が除雪作業中に死亡したほか、26人がけがをしています。

 うち2人が重傷です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp