寒さで電力需要が急増 東電が企業に電力融通要請(2021年1月8日)

寒さの影響で暖房に使う電力の需要が急増しているため、東京電力が自家発電設備を持つ企業に電力の融通を要請していることが分かりました。

 東京電力の送配電を担う子会社によりますと、先月と今月の厳しい寒さによって暖房用の電力の需要が想定以上に増加しているため、火力発電の燃料となるLNG(液化天然ガス)が不足する恐れがあるということです。

 このため、石油や鉄鋼、化学メーカーなど自家発電設備を持つ企業に対し、発電量を増やして電力を融通するよう要請しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp