“巣ごもり”で初売り異変 キッチン用品の福袋好調(2021年1月4日)

「巣ごもり需要」で今年の初売りに異変です。

 そごう・西武によりますと、今年の初売りは新型コロナウイルスの感染拡大で正月に外出自粛が続くなか、自宅で料理を楽しめる輸入ブランドの鍋やフライパンなどの福袋が好調だったということです。「食料品」の福袋も人気で、総菜や菓子を詰め合わせた福袋は2時間半で完売しました。毎年、人気の「婦人服」は年末からセールを始めたことで販売が分散しました。また、大手スーパーでは、都心の店舗で牛乳や食パンなどの食品の売れ行きが去年より2割ほど伸びたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp