帰省できない人に“屋台”“つながる”新サービス(2021年1月4日)

三が日、最終日の東京駅。新幹線上りの自由席の乗車率は、ほとんどが5%から20%に。新型コロナウイルスで帰省を控える人も多かった、この年末年始。そんな人たちのために新たな試みを行うホテルがありました。
 ホテルが開いた「屋台コーナー」。この屋台にはホテルのこだわりが・・・。フランクフルトにたこ焼き、チョコバナナといった屋台の定番メニューをホテルのシェフが調理し、提供します。
 一方、帰省はできずとも、離れた家族とつながりたい。この三が日はそんな動きもみられました。都内に住む菅原さんご一家。息子の洸希くんは1月4日が誕生日。いつもなら、宮城に住む祖父母の家に帰省し、お祝いしていました。今年は都内の自宅でお祝い。祖父母からはお年玉やプレゼントも届いていました。そんな祖父母とつながるために行ったのが・・・。活用していたのは離れて暮らす家族の家のテレビに子どもの動画・写真を届けるツールでした。実際、この三が日に利用した人が多くいたようです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp