東京で高齢者5人搬送 餅を詰まらせ90歳の男性死亡(2021年1月2日)

東京都では1日、70歳から90歳の男性5人が餅を喉に詰まらせて病院に運ばれ、このうち90歳の男性が死亡しました。

 東京消防庁によりますと、西東京市の90歳の男性は自宅で焼いた餅を食べていたところ、喉に詰まらせて搬送先の病院で死亡しました。1日の午後4時の時点でこの男性を含む70代から90代の男性5人が餅を喉に詰まらせて病院に運ばれました。東京消防庁は餅を食べる際には小さく切ってゆっくりかんでから飲み込むように呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp