都内で強風・・・足場など倒れる被害相次ぐ(2020年12月31日)

30日夜、都内では強風の影響で工事現場の足場や電柱が倒れるなどの被害が相次ぎました。いずれもけが人はいませんでした。

 警視庁によりますと、午後7時前、品川区の住宅街で近くに住む女性から「風で揺れて足場が倒れそうだ」と通報がありました。警察が駆け付けたところ、マンションの解体工事現場の足場が向かい側の住宅の上に倒れ掛かっていました。当時は工事現場に人はおらず、けが人はいないということです。また、午後7時ごろには墨田区の住宅街でも電柱が倒れる被害が出ました。いずれも強風によるものとみられています。都内では30日夜になって風が強まり、都心では一時的に20メートルを超える突風が吹いていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp