社民、副党首・幹事長去る 福島、照屋両氏のみに(2020年12月24日)

社民党は立憲民主党に合流する吉田幹事長と吉川副党首の離党を正式に認めました。

 社民党・福島党首:「社民党残してくれ、社民党必要だ、社民党応援しているという声で。社民党、未来に向かって新しい政治を作るべく新生社民党で頑張っていきたい」
 社民党は先月の党大会で党は解党せずに立憲民主党への合流を希望する議員の離党を認めることを決めました。当初、離党するとみられていた照屋寛徳衆議院議員は党に残ることとなり、社民党の国会議員は福島党首と照屋議員の2人となります。離党した吉田幹事長と吉川副党首は24日午後に立憲民主党に入党届を提出し、受理されました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp