英仏トヨタ工場が操業停止 物流影響で部品不足(2020年12月23日)

新型コロナウイルスの変異種による物流の混乱は日本企業にも影響を与えています。イギリスとフランスにあるトヨタの工場は22日、部品が不足する恐れがあるなどとして操業を止めました。フランスでは2日間で2000台の生産に影響が出たということです。
 トヨタ自動車フランス、ジャン・クリストリフ・ドゥビルさん:「国境が開かない限り、生産を再開できません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp