上海に「蔦屋書店」オープンへ(2020年12月21日)

今週、上海に「蔦屋書店」がオープンする予定で、驚きの高額商品も販売されます。

 蔦屋書店は24日に上海市内の文化施設にオープンする予定で、それに先立ち21日に内覧会が開かれました。売り場面積は2000平方メートルで、世界中の書籍5万冊を販売します。25%ほどが日本の商品で、書籍以外に伝統工芸品なども購入できます。担当者は「日本の文化も発信していきたい」としています。この店は中国で2店舗目で、蔦屋書店は今後100店舗の出店を目指しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp