仏マクロン大統領「陽性」EU首脳らも続々と自主隔離(2020年12月18日)

フランスのマクロン大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを受け、接触したヨーロッパの首脳らが続々と自主隔離に入っています。

 マクロン大統領は深刻な症状はないものの自主隔離中で、17日もリモートで会議に出席しました。マクロン大統領と今週、会食していたEU(ヨーロッパ連合)大統領やスペインとポルトガルの首相など接触があったヨーロッパの4首脳が自主隔離すると発表しました。また、フランス国内でも会食をともにした首相や下院議長らが自主隔離に入るなど影響が広がっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp