「白川郷」で5G実験 ガイド不足解消など目的に(2020年12月14日)

世界遺産の白川郷で「5G」を活用した実証実験です。

 NTTドコモなどが行う実験はガイドの担い手不足解消や観光客の満足度向上などが目的です。エリア限定の「ローカル5G」を活用し、端末を持って合掌集落内を歩くと観光スポットに差し掛かったところで通知があり、紹介動画などが視聴できます。観光客の滞在時間を増やしたり、特定のスポットに観光客が集中することを避けたりする効果も期待されます。実験は今月20日まで行われ、15日からは一般の観光客も参加できます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp