フェイスブック社を独禁法違反の疑いで提訴 米当局(2020年12月10日)

アメリカ政府がフェイスブックを独占禁止法違反で提訴しました。これまで写真投稿アプリの「インスタグラム」など競合企業の買収により競争を阻害したと判断しました。

 アメリカ連邦取引委員会は9日、独占禁止法違反でフェイスブックを提訴しました。2012年に「インスタグラム」、2014年にはメッセージアプリ「ワッツアップ」を買収したことで競争を阻害したとして、この2社の分離を含めた措置などを求めました。「ソーシャルネットワークの利用者の選択肢を奪い、競争で生まれる利益を広告主から奪った」などと指摘しています。巨大IT企業を巡っては10月にもアメリカ司法省が独占禁止法違反でグーグルを提訴していますが、ここでは事業分割について可能性を示唆するだけにとどまっていました。フェイスブックは去年、約7兆3000億円を売上げ、約1兆9000億円の利益を上げています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp